ダイヤモンドを宝石買取店で鑑定しよう


ダイヤモンドと言うのは、宝石の代名詞と言われる位メジャーな石です。しかしその価値を素人が鑑定する事は、やはり難しいものです。例えば遠い昔に貰ったダイヤモンドを家の中で見つけた時、又は遺産相続などで急に手に入った時、見ただけで価値が分かるものでしょうか。鑑定書が付いていれば、すぐにその資産価値も分かります。しかしそうでは無い事が、ほとんどのはずです。
実際ダイヤモンドの価値を決めるには、様々な基準があり条件によってもかなり金額が変わってきます。鑑定に必要な知識を、例えば一つの石の為に覚えるのは、とても大変な仕事になってしまいます。そしてもしそれが、もっと沢山の石達で有ってもです。例えば考えてみて下さい。鑑定に必要な知識を蓄える為使う、その時間の長さとはどれ位になるでしょう。それを考えると自分で鑑定すると言うのは、中々難しい事なのでは無いでしょうか。
そんな時、実際に売るかどうかは別として、宝石買取の査定を受けてみてはいかがですか。宝石買取店のスタッフは、その道のプロです。様々な知識を駆使して、たとえ鑑定書が無くても、あなたのダイヤモンドの価値をきちんと見極めてくれるはずです。鑑定料やキャンセル料金は無料という場合が多いので、ぜひ試して見る事をおすすめします。

ダイヤモンドの価値を決める基準で有名なのは、4Cと呼ばれる4つの基準です。CARAT(カラット)・COLOR(カラー)・CLARITY(クラリティー)・CUT(カット)の四つの条件で、石の価値を決めて行きます。
カラットは、宝石全般の使われる重さの単位です。アラビア語の豆を示すquirratが語源で、その豆とほぼ同じ0.2gが1カラットに相当します。ご存知の様にカラット数が大きい程、価値は高くなります。
カラーは通常では色を指す言葉ですが、ダイヤ鑑定の上では更に透明度も考慮されます。無色透明な程価値が高く、黄色味が強くなる程価値は下がります。
クラリティーは石の内部に含まれる内包物や、傷の有る無しを示します。内包物や傷が無い物ほど、高値になります。
カットは職人の手で磨かれ、切り出された石の美しさを示します。石をより魅力的に見せる事が出来ていれば、カラット数が小さくても高値になる場合が有ります。
これらの専門知識を磨き込み、鑑定士達は日々ダイヤの価値を決めています。
所でお手持ちのダイヤモンドの、資産価値をご存知ですか。意外と分からない方が、多いのでは無いでしょうか。鑑定書付きでない物や、昔は有ったけれど今は無くしてしまった物。そんなダイヤの価値を、確認してみたくはありませんか。宝石買取店には鑑定士がおり、鑑定書無しでもあなたの石の価値をきちんと見極めます。
詳しくはコチラよりご覧ください→http://xn--hdks100ysrgk20blb0a.net/


No Comments, Comment or Ping

Reply to “ダイヤモンドを宝石買取店で鑑定しよう”